PMDG B777 for Prepar3D/FSX その3 日本語チュートリアル編

概要について

今回はPMDG B777の学習・訓練編だ。
「その1 基本編」及び「その2 ビデオ学習編」の続きとなる。
Prepar3Dベースで書かれているが、ほぼ全てFSX版と共通だ。
※本記事初版は2017年5月7日となる。
※2017年6月17日 動画追加。

 

日本語チュートリアル#1

PMDG B777にはチュートリアルがあり、その1つ目が#1であり、製品に英語版が付属している。その日本語版がこちらだ。
再配布は禁止となっているので注意して頂きたい。

本ファイルは、筆者がPMDGから許可を得て、原本ファイルを頂いて翻訳し配布許可を頂いたものとなる。
日本語訳に当たってはPMDG側の責はないので、ご認識いただきたい。

 

公式日本語チュートリアル#1のポイント

下記の点が製品に付属する英語版との違いだ。

  • FSX版で利用する場合、メニューが異なる。
    メインメニューの機体や空港の選択程度の違いであり、問題ないはずだ。
  • FSX版で利用する場合、「P3Dでは」という言い回しがあるがFSXと読み替えれば問題ない。
  • 日本語版は誰でも自由にダウンロードできるため、文中に出てくるチャートは文書の最後には無い。
    そのため、英語版のチュートリアルの最後にあるチャートを見る必要がある。

 

日本語チュートリアルの注意点

AIRACデータベースサイクルがリリースされている機体の中に含まれているものを前提に書かれている。
そのため更新を行っている場合は、SIDやSTAR、航空路が異なる場合がある。
チュートリアルと同じAIRACを使いたい場合、B777のアンインストールと再インストールが必要だ。

今後のために残しておきたい場合は、インストール後に下記のフォルダのコピーを残しておこう。

  • シミュレータインストールフォルダ\PMDG\NAVDATA

 

公式日本語チュートリアルの補足

補足が必要な箇所を下記にまとめた。
FSX版とPrepar3D版の違いやサービスパックの状況により、下記のような点に注意が必要だ。
そのまま訳すことのみを許可されているため、日本語訳にあたって変更は行っていない。
製品付属のAIRACデータベースに基づく。

  • P9 その1
    「P3Dを起動し、”Create Scenario”画面に移動します。デフォルトで起動していない場合、Flights, Create Scenarioから」という箇所。
    P3Dv2ベースとなっているためメニューが異なる。
    P3Dv3では「P3Dを起動し、”Scenario Setup”画面に移動します。
    デフォルトで起動していない場合、”Scenario” – “New”から」となる。
  • P9 その2
    「Publisherドロップダウンメニューから”PMDG”を選択し、”Boeing 777-200LRX PMDG House”」という場面だが、「Boeing 777-200LR PMDG House」というリペイント機体でVehicle Typeが「777-200LRX」になっているものを選択する。
  • P35
    JEPPESENチャートは製品添付の英語版を参照。
  • P37
    「STARは7ページのUKRIMで終了し、8ページのUMALIで開始されます。」
    は、
    「STARは7ページのREREKで終了し、8ページのUKRIMで開始されます。」
    となる場合がある。
    ※BUBI6AとBUBI1Bの違い。
    ※B777 for P3D SP1で確認。
  • P38 その1
    「ディスコをクリアするには、LSK 2LをクリックしてUMALIをスクラッチパッドにコピーします。 今度はLSK 1Lを押し、UMALIの不連続ギャップを閉じます。」
    は、
    「ディスコをクリアするには、LSK 1LをクリックしてUKRIMをスクラッチパッドにコピーします。 今度は前の7ページでLSK 6Lを押し、UMALIの不連続ギャップを閉じます。」
    となる。ディスコとはディスコンティニューイティーの意味だ。不連続したlegの事を指す。
    ※B777 for P3D SP1で確認。
  • P38 その2
    「このモードでは、”STEP >“のプロンプトに変わり、NDの飛行計画ウェイポイントを踏み越えてルートがどのように表示されるかを確認できます。」
    の部分は、LSK 6Rに”STEP>”が表示される意味。
  • P85
    NAV RADは、実際に飛行すると
    110.10/120ではなく、110.10/119と表示される。
  • P95
    PMDG B777 for P3D SP1では、UMALIではなくUKRIMでグライドスロープ(GS)をキャプチャする。
  • P96
    フラップを25まで下げきってからギアダウンしないと、速度とフラップが合っておらず、アラームが鳴る場合がある。
  • 付録
    チャートは英語版のチュートリアルに付属。

公式チュートリアルを新しいAIRACのデータベースで飛ぶには?

ARACを更新している場合、2017年4月のAIRAC(1705)では読み替えてルートを入力する必要がある。

離陸前のルート入力について動画解説を作成した。

着陸時は、下記の1か所のみ読み替える必要がある。

  • P95
    UMALIではなく、UKRIMでグライドスロープ(GS)をキャプチャ。

 

ETOPS・降下・電子チェックリスト

TOC直前からT/D直後までの一部を抜粋したものです。

 

アプローチから着陸時。

同様に録画したものです。

 

印刷

「航空ドキュメント印刷 ~QRH・チュートリアル他~」に記載しているので参考にして頂きたい。

 

公式チュートリアルの今後の予定と現在

チュートリアル#1では、将来、#2がリリースされる予定であると書かれているが、本ページ執筆時点ではまだリリースされていない。
代わりにPMDGのダウンロードサイト内では#1.5が公開されている。

 

翻訳活動のお願い

筆者はこれで3度目の公式チュートリアルの翻訳となる。
公式に問い合わせを行って、断られることはまずないと言っても良い。
やってみたいではなく、実際にやって結果を残すことも大事だ。
ぜひ、このページを見ている各位にも翻訳活動にチャレンジして頂きたい。
できれば、許可を得た後、翻訳を開始した旨をツイッターやブログで宣言するのが良いだろう。
複数人が別々に翻訳をするのを防止するためだ。

筆者はPMDG B747のチュートリアルは翻訳しない。国内で人気のある本機種の翻訳に興味がある方は、ぜひ挑戦してほしい。
PMDG側への交渉や進捗管理は筆者がヘルプを行うことは可能だ。
興味本位ではなく、開始可能な際にツイート(DMではなく)でご連絡いただければと思う

 

最後に

公式のチュートリアル(英語)は、分かりやすく機体の準備から離陸、着陸、シャットダウンまで書かれている。ぜひ飛んで操縦を覚えてみよう。
2016年10月に許可を貰い、2017年2月には翻訳は完了していたのだが、調整に時間がかかり2017年5月の公開となった。

ツイッターでご協力、助言をいただいた方々、ありがとうございました。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook2Share on Google+0
PMDG 777
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。