Flight Sim Labs – A320-X その2 FS2Crew: FSLabs Airbus

概要

本記事では、「FS2Crew: FSLabs Airbus」(64bit版)ついて記載する。
※初版は2020年1月22日となる。
※2020年4月29日 一部改版。

定番アプリ

本ソフトは、「Flight Sim Labs – A320-X その1 共通編」で紹介した機体アドオンへの追加機能となっている。
主な機能は下記の通りとなっている。実質的に重要なのは1番目のボイスコントロールだ。

  1. FS2Crew for the Aerosoft Airbus Pro – ボイスコントロール
    恐らく一番重要な機能だ。人間の声でチェクリストのやりとりやファーストオフィサーへの指示をできる。
  2. FS2Crew for the Aerosoft Airbus Pro – ボタンコントロール
    画面内のボタンを使用してコパイロットへ指示ができる。
  3. ボイスセット
    コパイロットの音声を各地域のなまった発音に変更ができる。
    北アメリカ・イギリス・ヨーロッパ

 

動画

シリーズ製品の公式なプロモがこちら。実際に音声でファーストオフィサーと会話をしているのが分かる。

 

インストール後(初期設定)

マニュアルはWebで公開されている。購入前に詳しく確認をすることが可能だ。
ここでは簡単な説明のみにとどめる。

まずは専用設定ツールを起動する。

初回起動時には購入情報を入力する。注文番号と氏名、メールアドレスが必要となる。

認証後初期は赤くなっているがこの状態ではFS2Crewが無効になっている。クリックして有効にする。

有効化された場合はグリーンへ変わる。

インストール後(Windowsの音声認識設定)

本ソフトでは利用者の声からテキストデータへの変換へはOSの機能を利用する。OS設定からSpeech画面を開き、「English(United States)」を選択する。日本語設定ではダメだ。また日本語話者には正しい発音は難しいため「Recognize non-native accents for this language」にチェックを入れる。
※筆者の場合はシミュレータに特化してOS表示も英語化している。

マイクロフォンの設定を行う。

次にWindowsの音声認識設定ツールを起動する。

“Configuration”から”Improve voice recognition”を選択する。話者の声に合わせて音声認識率を向上させるためのメニューだ。

画面に表示された英語を読んでいく。認識されると次に進んで行く。全ての分を繰り返し読むことでコンピュータが話者の特徴を認識しやすくなる。同じメニューを何回もやることでさらに認識率が上がる。根気がいる作業だが実施しないと意味がない。

インストール後(シミュレータ設定)

FS2Crewをシミュレータ内で起動させるには”Autofeather(arm/off)”にキーを割り当てる。ジェット機なので必要のないプロペラのフェザー機能にキーを割り当てていることとなる。

FS2Crewの使用

実際に起動した画面がこちら。

左下の”BELOW THE LINE”が今の機体の状態となる。各状態別に認識できる機能が異なる。特にチェックリストは状態があっていないと認識できない。

音声認識のマニュアルは下記のような表記になっている。”Before start checklist to the line”と発することで、相手が応答する。この場合、相手が”Cockpit prep”と行ってきたら赤字部分”Completed”と話者が答えることで相手が次へ進むを事を示している。

最後に

音声によるファーストオフィサーと会話をしながらチェックリストを実施するのはまさに夢環境だ。準備や慣れは必要だが一度使ったらやめられなくなる機能だろう。この「FS2Crew: FSLabs Airbus」(64bit版)はお勧めしたい。本サイトでは他機種のものも紹介しているが、PMDGやAerosoftの機体なども機体毎に製品がでている。

FSLabs A320
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。