機体アドオン その9 「A2A SIMULATIONS – C172 TRAINER」

c17201

概要

今回紹介するのは”A2A SIMULATIONS – C172 TRAINER”だ。
※本記事の初版は2016年2月2日となる。

 

c17202

 

製品の種類

大きく分けて3つの製品が用意されている。
またその他にアカデミック用等も別途存在しているが、購入時は各ラインナップ共にライセンスの内容を必ず確認しよう。

c17203

 

動画

製品のオフィシャル動画はこちらとなる。
いかに本物の機体を意識してA2Aが本アドオンを開発したか理解できる内容だ。

筆者がワルシャワ市街地を飛行した動画がこちらだ。
とにかく軽い。筆者の環境で一番重い部類の空港でもメモリの使用量も少なく思わずautogenの設定を上げてしまったほどだ。

 

本アドオンの特徴

下記のようなものがあげられるだろう。

  • もっとも有名な練習機
  • シミュレーションエンジン”Accu-sim”を搭載したリアルな挙動
  • プロペラシミュレーション
  • 商用飛行パイロットの訓練とエンターテイメントの両方に使えるように設計
    ※使用しているエディションのEULAにより条件は異なる。
  • その他
    ※製品のオフィシャル動画と販売先の製品説明で確認

c17204

 

チュートリアル

A2AのyoutubeチャンネルではC172のチュートリアルが多数用意されている。
どれもわかりやすいのでお勧めだ。

c17205

インストール

筆者はPrepar3D用を所有しているが、下記のような注意が表示された。

  • 機体データとAccu-Simがインストールされる
    c17208
  • A2Aの他機種を既にインストールする場合はAccuSimのアップデートをすること
    c17209
  • ランディングライトの地上への投影(負荷の増加防止)
    c17210
  • Automixtureの設定をシミュレータ上でオフにする指示
    c17212

最後に

FSXのデフォルト機と見た目は似ていても別物。自宅で本格的に軽飛行機の操縦をしてみたい人は本アドオンを利用してみよう。
地表を走行したり、着地した時の挙動ひとつとっても「今後はこの機体に乗ろう」と思わせるほどの出来だ。

そして実際のコックピットで操縦してみたい方は、こちらの記事を読んでみてほしい。

c17206

c17213

 

機体アドオン
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。