Ship Simulator Extremes その1

概要

今回は、本サイトのテーマ陸海空のひとつ「海」をテーマにしたシミュレータ。
「Ship Simulator Extremes」の紹介だ
ShipSimExtremes_6

 

内容

ソフト自体はShip Simulator 2006から続くもので、複数バージョンがリリースされており。意外と歴史は長い。
しかしながら、四方を海に囲まれている日本ではなぜか人気が無い。
ヨーロッパを中心にコミュニティの活動が盛んのようだ。
今回紹介する Extremesは2010にリリースされたもので、現在でもダウンロードコンテンツが継続してリリースされている。
ShipSimExtremes_2

ゲーム内容としては、その名の通り船を中心としたものだ。
用意されたシナリオのミッションをクリアしていくのが基本だ。
海にでると表示されるものは海面がメインとなるため、今どきのPCの場合は最高設定でも難なくプレイできるだろう。

なお、本ソフトウェアはデモ版が用意されている。興味がある人は試してみると良いだろう。
購入については複数の場所で買うことができるが、筆者はsteamを利用している。
執筆時点だと本体は20ドル程度。ダウンロードコンテンツセットのものもある。
ShipSimExtremes_1

動作環境

公式のページをみると、Windows7までしか記載されていないがコミュニティの実績によればWindows8.1まで動作しているようだ。
※もちろん各自の責任の範囲で。

 

起動しなくなって場合

前は起動していたのに起動すると画面が黒くなってしまう。
こういった現象が稀に発生するようだ。

 この画面のようになってしまう場合の対処について記載する。
sse01

インストールフォルダ配下のexeファイル5つについてプロパティ設定を行う。

sse03

互換モードで、Windows XP(Service Pack3)にし、管理者としてこのプログラムを実行するにチェックする。

sse04

次に同フォルダ内のUnregister.exeを実行し、シリアルキーを解除する。
※当然のことながら、再入力が必要なので、用意しておくこと。
steam版の場合はシリアルキーの表示で確認が可能。

次にもう一度起動するとシリアルキーの入力画面になる。
これで完了となる。
QuestViewer 2014-06-15 13-00-08-80

他にもVisual Studioのランタイムを入れることで直った例や、再インストール、steamでの整合性チェックで直ることもあるようだ。

 

関連記事

本ソフトウェアとは直接の関連はないが、以前、研究施設の船舶シミュレータの紹介を行っている。
【展示】科学技術週間-研究施設一般公開 その1(調布)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook2Share on Google+0
Ship Simulator
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。