IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad

概要

今回の記事は、IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingradについての記事となる。IL-2と言えば1946が有名で、今でもユーザー数が多いWW2世代の航空機シミュレータだ。
※本記事初版は2014年6月に記載した早期開発版の内容に加筆したものとなる。
※2017年9月19日 Steam版について記載

画像は少し古いものが混じっている。
2014_03_14_7

本ソフトウェアは、IL-2 1946の後継となる!?といいたいところだが、本当は前作がある。
2011年に発売された”Cliffs of Dover”だ。
しかし、リリース時点ではβとも言えないようなバグや描画速度の遅延等が発生し、しばらく思わしくない状況が続いたことからユーザーが離れてしまった。
※現在はほぼ解消されている。

そしてIL-2の開発チームは追い出されてしまった。
追い出された人達は現在、DCSのWW2版をKickstarterで資金を集めていたりする。

本ソフトは続編であるが、WW1機のRise Of Flightで定評があり、お馴染みの777Studiosが開発したものだ。

 

製品版

現在、本ソフトウェアは専用サイトとsteamで入手が可能だ。
il2_2013_08_22_20

ただし、下記の点に注意が必要だ。

  • 機体等を増やすには、機体毎に購入が必要なものがある(予定)

 

二つのプラン
執筆時点では、下記の二つのプランがある。
機能としての違いは、2つ機体が多いかどうかだ。
後は画面表示上の名誉的なところが違う。

  • STANDARD EDITION $54.99
  • PREMIUM EDITION   $94.99

post-19-0-30927800-1379676019.jpg__300x169_q85_crop

購入とインストール

本家版の大きな流れは下記の通りだ。Steam版の場合は、インストール後から同様となる。

  • IL-2 BoSのアカウントを製品サイトで作成
    Rise Of Flightのアカウントは利用できない
  • 購入
  • 製品ページでアクティベート
    買ったものを他人にプレゼントすることもできるが、アクティベートを自分のためにする。
  • インストーラをダウンロード
    約300MB
  • インストール
    capt_0001
  • プログラム実行
    数GBのメインファイルのダウンロードが始まる。
    capt_0009
  • ダウンロード・適用後、スタート
    capt_0011
  • シミュレータが起動する。
    Il-2 2014-06-01 13-28-17-10

全体について

設定画面やクイックミッション等を見ると分かるが、基本的にはRise Of Flightとそっくりだ。日本語キーボードをPS2端子に指している際に発生する、「KEY_KANJIと表示されてキー設定ができない」問題も同様だ。
※対処方法は、Rise Of  FLightのWiki等を参照してほしい。

 

実際のフライト

インストール後、クイックミッションで筆者が飛行してみた動画がこちらだ。
機銃手に撃たれて前が見えなくなったりするが、2機中破で脱出した。
そして・・・2ミッション目はスタート早々、列機にぶつけられてしまったがこれはご愛嬌。

最後に

2014年10月22日に正式リリースとなったが、全体的に完成度も高く、高画質で高FPSと、Rise Of Flightの血が脈々と生きている。
日米軍機を搭載した続編の話題が現状無いことだけが残念だ。
声が上がらなければ需要を感じられないので、フォーラム等で日米から積極的に書き込むことも大事かもしれない。
せめて、B-17による爆撃ができるものが出ればいいなと思ったりする。
il2_2013_08_22_22

FAQ

Q: 機体に乗って開始した時に、カメラの向きがおかしい。
A: TrackIRのセンター設定キー(F10)と、IL-2 BoSのカメラ保存ボタン(F10)が同一のため、F10を押してTrackIRのセンタリング設定をしたつもりが、別な方向を向いたまま、機体のデフォルト設定が変えられてしまう場合があります。対処は、Insert Delete Home End PageUp PageDownキーとマウスでカメラ位置を再調整後、F10キーで機体のデフォルトカメラを再設定します。TrackIRのセンタリングは今後はシミュレータ起動前にしましょう。
“IL-2 Sturmovik Battle of Stalingrad\data\LuaScripts\snapviews\”フォルダのバックアップを取ることで、デフォルトに戻すことも可能です。

 

Q: オフィシャルサイトで購入したものをsteam版に移行したい。
A: このページの説明を見てやればsteamに移行できる。

  1. 公式ページにログイン
  2. Get BOS on Steamメニューに移動する
  3. 画面に表示されているキーをsteamの「steamでアイテムを有効化する」で登録。
  4. ゲームが登録されたら、CDキーを表示
  5. そのCDキーを先ほどのページに入力してActivate
  6. 以上でライセンスの移行が完了だ。

Q: ジョイスティックの割り当てをしようとすると、KEY KANJIと表示され設定できない。
A: OSのデフォルト表示設定を日本語から英語に変更すると設定できるようになる。
設定後に日本語に戻せば問題ない。
il22016020401

Tweet about this on TwitterShare on Facebook2Share on Google+0
IL-2 BoS
2 comments on “IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad
  1. お久しぶりです、IL-2 1946ではお世話になりました
    最近はたまにFSX起動するくらいでコンバット系はご無沙汰ですがBoS?でいいのかな、楽しみですね、また皆で飛びましょう!

  2. もの凄いお久しぶりです!
    私もあまりWW2機飛べていませんが、またしたらばでぜひ!

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。