【rfactor2】 プラグインレビュー “DashMeterHD”

DashMeterHD
 今回のレビューは、”DashMeterHD”である。
 簡単に言うと、rFactor1/2の車両のステータスをAndroid(携帯でもタブレットでも)の画面に表示してくれる。
 なお使用にあたっては、PCとAndroidで通信ができる環境が必要である。
20120403b.jpg
Android側の準備
 まずは、Google Play(旧Android Store)から購入してインストールする。
 記載時点での価格は、400円程度となっている。
またWifiで使用する場合、Androidに固定のIPアドレスを設定する。
 もしくは、家庭内ルータのDHCPの設定で、同ソフトウェアが導入されたAndroidがIPを取得する場合は、
 固定のIPを割り振るように設定してほしい。
 ※詳細は、別のサイトで見てください。
PC側の準備
 ”MotecPlugin.dll”と”preferences.ini”をSensaDigitのサイトからダウンロードして、
 rFactor2のpluginsフォルダに導入する。
 ※PC側は自由にダウンロードできる。
 20120403c.jpg
 そして”preferences.ini”を開き、Android_IPの箇所に、AndroidのIPを記載する。
 
 20120403d.jpg
 後はrFactor2.exeの起動後でも起動前でも構わないので、Android上でDigiDashHDを起動するだけである。
下記は筆者の環境で稼働させたものとなる。
 
参考リンク
 SensaDigit
  http://www.sensadigit.com/

rfactor2 Plugin Review
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。