機体アドオン その10 「ユーロファイター タイフーン INDIAFOXTECHO版」

概要

今回紹介するのは“INDIAFOXTECHO – EUROFIGHTER TYPHOON”だ。
執筆時点では、FSX箱版、FSX Steam版、Prepar3D v2.5及びv3.Xに対応している。
※本記事の初版は2017年4月3日となる。

 

ユーロファイター タイフーンとは

イギリス、ドイツ(、イタリア、スペインが共同開発した戦闘機で、2016年10月に三沢基地にも飛来したことで、国内でも話題に上がったホットな機体である。詳細はWIkipediaの該当ページで確認を頂きたい。

 

動画

実際に筆者が飛行してみた動画がこちらだ。

詳細

ドイツの空港に出現した状態がこちらだ。
Prepar3D v2/v3に標準で入っているF-35の作者としても有名なIndiafoxtechoのDino氏。
同機以外にもTacPackに対応した機体や練習機をリリースしており、よく知っている方も多いと思う。

機体アドオン その7「INDIAFOXTECHO – F-35 LIGHTNING II 」で紹介した、F-35B/Cを含む製品版に続き、今回、Dino氏がリリースしたのが、こちらの機体だ。

モデリングは非常によく出来ている。
細かいところもしっかりと再現できているのが分かるだろう。

コックピットとカナードを中心とした画像。
コックピット内も外部視点も再現度が高い。

アフターバーナーを炊いた状態がこちらだ。
筆者が知る限り、FSX/prepar3Dでアフターバーナーが最も綺麗なアドオンの一つだと思う。
アニメーションが凝っているのでぜひ見てほしい。

コックピット。スタート時は、半分コールド&ダークの状態となっている。
各機器の操作は、想像で作られた部部も数多くあるが、tacpackに必要な機能は多くは揃っているようだ。
“DCS A10-C”のように、本物の機体のプロシージャーを学ぶことはできないが、雰囲気は楽しめる。そんな機体アドオンだ。

サイドのパネルもデザイン上再現してある。

夜間のコックピットがこちらだ。

 

TacPack

筆者はPrepar3D版のTacPackを持っていないので警告が表示されるが、兵装な設定は別画面から可能だ。
またレーダー等いくつの機能はTacPackが前提となっている。

戦闘を行いたい場合はTacpackが必要だが、Prepar3Dの場合はAcademic版以外は通常購入できない。そのため、実質、FSX利用者同士が戦闘をできるという事になる。

 

FAQ

Q: 「ミサイルが撃てない」「レーダー表示されない」etc…
A: 本アドオンでの戦闘は、TacPackの利用が前提となる。

 

Q: 機体の液晶画面が3つ表示されない。またヘッドアップディスプレイが表示されない。
A: 本アドオンでは機体ロード後は、Cold & Darkに近い状態となっている。
一発で離陸可能な状態にしたい場合は、”Ctrl+Shift + R”を押すことで対応できる。

 

最後に

元々はフリーのアドオン製作で活動し、人気だったDino氏のアドオン。
今回紹介した“INDIAFOXTECHO – EUROFIGHTER TYPHOON”も、今後の定番のアドオンのひとつとなるだろう。飛びやすい機体でもあるのでお薦めだ。

機体アドオン
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。