シミュレータショップ その2 “JFlight”

jflight01

JFlightとは?

2014年12月、新たに横浜は桜木町駅近くにオープンしたエアバス A320のFixed Flight Simulatorのお店である。
JFlightのWebサイトはこちらだ。
フライトシミュレータを家で利用している人たちには、夢の環境の一つだ。
※本記事の初版は2015年1月10日となる。現状と異なる箇所もあることに留意頂きたい。
※2017年7月17日に写真1枚と動画1つを追加した

 

場所は?

JR桜木町の駅から非常に近く北側の改札からでた場合は5分程度だ。
事前に前述のWebサイトで空き状況を確認し予約をするのが良いだろう。


※本写真は2017年7月17日追加

ビルは東側・西側共に道に挟まれているのだが、本記事執筆時は駅から見て裏側の出口(細い道側だがビルのメイン玄関)がオープンしていた。入口の右側に案内がでている。

jflight02

今回試したコース

今回は下記の離着陸を体験した。

  • 羽田34R → 成田34R
  • 関空06R → セントレア36

jflight05

jflight06 jflight07

筆者は飛行時間もFSX/Prepar3Dでは200時間強でエアバス機はさらに不慣れなので、基本的離陸時のスロットルとジョイスティック、ラダーペダルの操作のみを基本的には操作した。

コパイロット席から各種設定や補助をJFLightの方にしていただいたため、操縦に集中して操作を楽しむ事ができた。今回の動画は下記のものとなる。
※ドキドキ緊張して力が入ってしまいました。カメラを少し斜めに設置してしまいましたorz

下記は2015年1月17日に再訪し、JFlightの方の解説を受けながら、アシュレイさん(機長)・筆者(副操縦士)を体験した際のものだ。

jflight-2men-operation01

IRSのアラインから開始し、消火設備のテスト等含めてゲートからゲートまで手順を実施した。
飛行経路は羽田(RJAA)のランウェイ05から出発して、セントレア(RJGG)のランウェイ18に着陸した。

こちらは同じく2015年1月17日のもので、筆者(機長)、アシュレイさん(副操縦士)として乗った際のものだ。
下記のような経路でフライトプランで飛行した。

jflight-plan01
クルーズに入り、オートパイロットでの高度の変更、エアバス特有のTakeoverボタンのテスト等を実施した。
Takeoverした際に、機長側のFCUサイトパネルに”“のマークが点灯しているのが確認できるだろう。

2017年7月16日にSEN_SEI_SANとフライトをした際の動画がこちらだ。

 

ハードウェア

Flight Deck Solutions(FDS)のシステムで構成されていた。
その他良いなと感じたところは下記の点だ。

  • スクリーンが広域で200度の視界をカバー
  • 音響が迫力がある。機内の音と機外の音は分かれて出力されている。

jflight03

jflight04

jflight09

ソフトウェア

FSXがベースで稼働している。
エアバス機自体のシミュレーションは2014年3月頃まではAST(Aircraft Simulation Technology)のソフトウェアが使われていたが、2015年5月時点ではProject Magentaのソフトウェアに変わっているようだ。

 

最後に

自宅コックピットを含めても、国内ではエアバスのFixed Flight Simulatorは非常に珍しいものだ。
複数人での搭乗もメニューにより執筆時点では許可されているため、一緒に操縦すると楽しさも倍増した。

お勧めの施設の一つだ。

 

参考リンク

JFlight http://jflight.jp/

シミュレータショップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。