メーデー!:航空機事故の真実と真相

mayday-logo01

概要

今回は、番組「メーデー!:航空機事故の真実と真相」を紹介する。
※初版は2014年6月20日となる。
※2016年10月29日 新シーズンが放送されるため改版。

 

内容

本番組は、航空機事故のドラマパートと検証パートで構成されている番組だ。実話を元に構成されている。
現時点でも130以上の航空機事故を検証し放映されている。

2016年10月から初回放送でシーズン14の放送がナショナルジオグラフィックチャンネルで放送される。
現地からわずか1か月程度の遅れで放送が開始されるようだ。

元の番組はカナダのCineflixで作成された「Mayday」だ。番組名は国によって異なり、英語圏でも”Air Crash Investigation”となることがある。
日本では吹き替えと字幕で構成されたものが、ナショナルジオグラフィックチャンネルや、Amazonのプライム会員向けHuluどで視聴することができる。

特にナショナルジオグラフィックチャンネルではほぼ毎日再放送が行われており、4か月程度で全てを見ることができるし、繰り返して再放送が続いている。
ケーブルテレビやひかりテレビ利用者はチェックしたい。

 

見どころ

なんといってもCGで構成された航空機事故の場面や、役者によるドラマパートが素晴らしい。
また実際に事故を体験した人、NTSB等の事故調査機関の担当者本人による解説等が入る。
検証部分についてもドラマ化されている部分が多く、調査官の奮闘がうかがえる。

航空機のセットは毎話作るわけにはいかないので、計器類は液晶にアナログ計器を映してそれっぽくしているだけのものも多いが、コックピットをリアルにすることが目的ではないから十分だ。
もちろんコックピット設備や操作が事故の主原因の場合は、その部分は適切なセットが組まれている。

また、パイロットとコパイロットがチェックリストの読み上げをしてたり、CDUの入力に基づく事故の場合はその操作も含まれていたりする。フライトシマーにもお勧めだ。

 

実は見たことがあるかも?

この番組の映像は、日本の番組で使われていることがある。
「世界まる見え!テレビ特捜部 」等がそうだ。
そのフルバージョンが本番組だ。1話45分程度となる。

 

お勧め

正直に言って、この番組を見始めるとやめられなくなるだろう。
お勧めはいくつかあるが、定番の「ハドソン川の奇跡」「ギムリーグライダー」を挙げておこう。
それとエアバス関連の事故は、どれもシステム的面で見ていて興味深い。

その他
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。